プラグイン「Toolset Types」の使い方まとめ


TAKAHIRO YAMADA
@rural_web
プラグイン「Toolset Types」の使い方まとめ

Toolset Typesは、Wordpressでカスタム投稿タイプ、カスタムタクソノミー、カスタムフィールドを簡単に追加できるプラグイン。利用する機会があったので、書き残し。

2018年から有料版に完全移行予定とのこと。

New major versions of Types will only be available with a Toolset account

This free version of Types will continue to receive bug fixes, security updates and compatibility updates through 2018.

Types Plugin Is Moving to Be a Part of the Complete Toolset Package – Toolsetより引用

先日このプラグインで構築したばかりなのに。有料版は1サイト$69(更新$34.5)ということで、そのまま移行するか気合いで別の方法考えるか検討中。

プラグインについて

管理画面【プラグイン→新規追加】から「Toolset Types」で検索。もしくは、下記公式プラグインから適宜インストール。

カスタム投稿タイプ、カスタムタクソノミー、カスタムフィールドを管理できる完璧で信頼性のあるプラグインです。

Toolset Types – カスタム投稿タイプ、カスタムフィールド、カスタムタクソノミーの管理プラグイン

カスタムフィールドの取得表示

1.基本

<?php echo post_custom('wpcf-【カスタムフィールドスラッグ名】'); ?>
フィールドを登録後、呼び出したいカスタムフィールドを表示させる。接頭語に必ずwpcf-」が付くことを忘れずに。

2.ラジオボタン(radio)

<?php echo(types_render_field("【呼び出したいスラッグ名】", array())); ?>
基本の呼び出し方法でも表示は可能だが、「カスタムフィールドのコンテンツ」の初期設定は数字なので上記コードのほうがシンプル。

複数ラインの成型

呼び出しだけなら、上記「2.ラジオボタン」と同様に表示できる。しかし、せっかくの複数ラインなので<ul>タグで装飾を。

通常呼び出しに、

<?php echo(types_render_field("【呼び出したいスラッグ名】", array())); ?>
これに<ul>タグを利用するには、下記のようにする。

<ul><li><?php echo(types_render_field("【呼び出したいスラッグ名】", array('separator' => '</li><li>'))); ?></li></ul>

<ul><li>~</li></ul>タグで囲みつつ、array()の中に'separator' => '</li><li>'を挿入する。

コメントを表示 (0)

Comments

CAPTCHA


関連記事

WordPress

カスタムフィールドの値が小数点だったときのソート方法

検索結果ページで、カスタムフィールドの値が「0.5」「10.5」のような小数点の値でソートしたかったのに、なんだかうまく動かなかったのでその備忘録。 状況 下記のように、プルダウン選択で並び替え(ソー […]

by TAKAHIRO YAMADA
WordPress

カスタム投稿タイプを導入する際のTIPS

WordPressにカスタム投稿やカスタムフィールド、カスタムタクソノミーを導入する際に検索したあれこれ。 function.phpで追加 プラグインを利用せず、カスタム投稿・カスタムタクソノミーをそ […]

by TAKAHIRO YAMADA